アシュタンガヨガと私(4)

  • 2019.01.03 Thursday
  • 20:20

昨年11月から、新たな場所を自分のスタジオ「Sattva」として始動した。


アシュタンガのクラスを始めたのは3年前からで、ならまちのレンタルスタジオの部屋を時間で借りてやってたけど、最初は誰も来ないからクラスは出来ず、人が来てくれるようになってからも基本月2回で、週1回クラスが出来るようになったのは、一昨年の4月からだ。



私はアシュタンガのクラスを始める時に先生にマイソールクラスかレッドクラスのどちらが良いか尋ねたところ、レッドの方がポーズや流れを覚えれるのでは、というように聞いたこともあって、レッドクラスから始めることにした。


私自身もアシュタンガを始めたきっかけはホットヨガのアシュタンガに近い動きのクラスからだったし、アシュタンガを始めたスタジオでも当時はハーフプライマリーのクラスがビギナー対応のクラスだったので(マイソールクラスもビギナー参加可だったけど)、自分自身もレッドの方が始めやすかったのかもしれない。



なのでハーフプライマリーのクラスを「アシュタンガヨガ ビギナークラス in 奈良」として始めたんだけど、みんな流れに合わせて動けてスッキリ気持ちいいようだったし、私としては楽しく喜んでもらえることを一番に考えていたので、みんなクラスの後は笑顔で帰ってくれてたから、それでいいと思っていた。





でも去年からやっと念願だったマイソールクラスを始めてみると、レッドクラスをしている時に少しずつ違和感を感じるようになってきた。



というのも、うちはアシュタンガだけでなくヨガ自体が始めての人が多いんだけど、ハーフプライマリーとはいえ初めての人に通してやってもらうことはやはりかなりキツいから、ヴィンヤサの時は休んでもらったり、その人が無理のない範囲でやってもらうようにしてたのだけど、細かな説明をしたり自分が見せてやらなきゃいけないこともあったりして、流れがスムーズでないことも多かった。



それにマイソールクラスを始めてみると、マイソールクラスに来る人は「自分の練習」という認識で来てくれているけど、レッドにずっと参加してくれてた人はその感覚がなかった人もいたようで、カウントがないことに抵抗を感じ、来なくなった人もいた。


長いことレッドクラスだけやってたからか、アシュタンガヨガは自己と向き合うセルフプラクティスであるにも関わらず、「アシュタンガはハードなエクササイズで、やるとスッキリしてストレスが発散出来る」みたいにして表層的な面だけで捉えられてしまったのかもしれない。



でも「自分はレッドがいい」というような認識をさせてしまったのは、私の甘さからきているものであり、私の責任であると思う。

だから今まで来てくれていた人達が来なくなったのは、私自身の変化の表れでもあるのだろう。





これまで私は、ナンシー先生、ツトム先生、恵子先生が来られた時に練習に参加していて、遠征もあまり行けなかったから、練習を見てもらえてたのは本当に僅かな時間で、それ以外は宅練だった。



今から思うと、それでは自分を治す練習をすることは出来ない。

オールドスタイルだから外で練習出来る場所や機会が限られていたとはいえ、私はこれまでいい加減な練習しかしてこれなかったのは事実だ。



クラスは自分の練習の反映でもあり、中途半端な私は、そんなクラスしか提供出来ていなかったのだと思う。自分の練習に責任が持てていなかったのだから、来る人もそうなるのは、当然と言えば当然だ。



私自身は一人一人丁寧に接してやってきたつもりだけれど、原因があって結果がある。

この3年間私がやってきたことは、必要な過程だったとはいえ、残念ながら正しかったとは言えない。





それにこれまではどんな人にもアシュタンガをしてもらいたいという思いがあったからか、他のヨガをやってるインストラクターさんも来られることが多かったけど、この間私自身が今通っている師と違う人のヨガをたまたま受ける機会があった時に、心と体に違和感を感じて拒否反応が起こった。



翌日には身体が戻っていたので良かったけど、良い先生だからといって、自分が自分を治すためにやっているヨガと全く違うヨガをするのはあまり良くないことだな、と痛感した。



もちろん色んなヨガや先生のクラスを体験されることも学びだし必要だとは思うんだけど、ヨガはアプローチの方法がそれぞれ違うし、色んな先生のヨガを受けると混乱するのは自分自身の心と体なので、私はあまりオススメはしない。



ナンシー先生は以前、バックベンドをアイアンガーのやり方で足を狭く平行にしてやっていたら仙骨に痛みが出て、それから10年間バックベンドが出来なくなった、と言っていた。

色々混ざってしまうと、本来の効果が得られないばかりか、自分の体を壊してしまいかねないのだ。



それにイントラさんは「仕事でやるヨガ」と「自分の練習のヨガ」が違うと続かないと思うし、アシュタンガのオールドスタイルだと前屈やダウンドッグだけでもかなり違ってくる。



私自身、ピラティスやったり色々回り道をしてきたから気持ちはわかるけど、信頼する師がいるのなら、その人からしっかり学ばれるべきだと思うし、誰から学ぼうと結局自分の師は自分でしかないので、そこはちゃんと自分に問うて、我が道を進んで頂きたいと思う。





こういう経緯もあり、この間から初めての人はマイソールクラスから始めてもらうことに決めた。


まだうちに来てる人は初心者ばかりだから、こうするとレッドに参加する人は確実に減るのはわかってるけど、誰も来ないのなら休めばいいことだし、レッドは本来マイソールクラスの練習生のためのものだから、今後はそのようにやっていきたい。



それに私自身がビギナーのティーチャーであり練習生としてもビギナーなので、来てくれる人にはこんな指導者で申し訳ないと思うけれど、Sattvaというコミュニティで共に成長させて頂けるのなら幸いだ。


ビギナークラスはまだやってないけど、うちに来てる人はみんなビギナーだから今は作る必要はないかと思っていて、いずれ作ることも考えている。











世間ではアシュタンガヨガがまた注目をされるようになっているようだけど、以前はもうちょっとちゃんとヨガだったのに、今はサードシリーズ以降をやる人が増えてきたからか、ポーズの競い合いのようになってきて、まるでサーカスのように感じる。



インドに行って資格をとって先生と写真を撮ることがステータスなのかは私にはわからないけど、インスタで難しいポーズのアップばかりされているのなんかを見ると、達成感やカッコ良さがフォーカスされてしまって、「自分の体を労わり尊重するためのプラクティス」が影を潜めてしまっているのではないかと感じてしまう。



それでも誰かがヨガを始める動機になるのなら、それはそれでいいのかもしれないけど、ただそこから始まってしまうと、自己を知るためのヨガが「外からどう見えるか」となってしまうような気がしてならないし、でもそれでは本来の目的である自己観察からも自己診療からも遠ざかってしまう。




今はヨガがビジネスになっているし、ぶっちゃけ私も貧乏だから集客しないと食べていけないのが現実なのだけど、儲けのためにやってるんじゃないし、私は小さな世界でやりたい人だから、世間に知られるようになりたいとは全く思わないし、むしろ知られたくない(笑 ビジュアルに自信がないから、というのもあるかもしれないけど )




そういえば以前、ムーンデーの時に瞑想のクラスをしたら2回参加して下さった人がいて、とても効果を感じて喜んでくれたのだけど、その人と話していたら「マーフィー100の成功の法則」に行き着いて、どうも瞑想にそれを求めていたようだったから、「すみませんがそれは私がやりたいことではないので他に行って下さい」とお断りした(苦笑)




私が作った場所は、自分と人を治していくための場所なので、悟りたい人やカッコいいポーズが出来るようになりたい人、ダイエットしてスリムになりたい人や沢山動いてストレス発散したい人は、今は色んな所でヨガも瞑想も出来るから、それぞれがご自身に合う場所を見つけて頂きたい。




でもそんなに受け口小さくしちゃって大丈夫なの?って思われるかもしれないけど、自分が望んでないことをやっても結果苦しむのは自分だし、まだ立ち上げた所だから、本当にこれからだ。



今は自分を治して整えることに集中しなくてはいけないし、ちゃんと勉強もしていかねばと思う。












今年は私にとって、例年になく静かな年になりそうな気がするのだけど、今年の牡羊座は、「バック・トゥ・ザ・ベーシック、伝統に立ち戻る」なのだそうだ。




「ヨガが大好き」という表現は、今の私にはしっくりこない。



生きる喜びに気づき、生きていることに感謝出来る。

だからヨガをしている、というのが合ってるかもしれない。




そしてヨガの恩恵を受けているのだから、周りにもシェアをしていくことも当然の責務であり、それも自身のプラクティスである。





「ヨガとは何か」という基本に立ち返り、学んで実践をしていこうと、強く思う。








そういえば最近やたらイライラするのだけど、セカンドがちゃんと練習出来てるから、神経の浄化が始まってきたのかもしれないな(汗)



それとも更年期が始まってきたのか、微妙なところだ(苦笑)















calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM